事務職と聞いて多くの人がイメージをするのは、恐らく一般事務でしょう。
しかし、事務職はそれだけではありません。
さまざまな種類があり、専門性が強いものも存在をしていますし、企業向けのセミナーなども話題となっています。
ここではそんな事務職の種類について、解説をします。

一般事務

書類作成・電話対応・来客対応・郵便物の振り分けや発送作業。
あらゆる事務職の中でも特に多で、基本形とも言えるのが一般事務です。
ほとんどの会社に一般事務は存在しており、会社を支える裏方的な存在として活躍をしています。

また事務求人への応募にあたり経験やスキルをそれほど問われないことも特徴で、転職市場でも人気の種類となっています。

営業事務

営業事務は、主に営業職のサポート的な立ち位置で活躍をしている種類です。
一般事務と同じく書類作成業務がありますが、プレゼン用の資料や請求書など営業面の方向性が強い内容もあります。

また職場によっては海外のお客様向けに資料を用意することもあり、その場合はやはり英語力が必要になります。
より良い製品やサービスを提供する仕事に携わる、喜びを得ることができる仕事です。

医療事務

医療事務は、その名前の通り病院やクリニックで仕事を行います。
病院の受付で患者の対応をしたり、医療費を計算してレセプトを作成する処理を行います。

病院は人が途切れることはほとんどなく、保険証の確認・料金の受取・予約の確認・薬の手渡しなどの仕事内容を滞りなく進める必要があります。
また場所が場所なだけに、ホスピタリティも求められます。

人事事務

人事事務は、自社の社員に関連する仕事を行う事務職です。
給料や保険に関する手続きや、社員の構成や配置を練るなどさまざまな計画を行います。
また採用の選考に関わることもあり、とても大きな責任を持つ仕事です。
その分、やりがいもあります。

経理事務

経理事務は、お金の管理を主な仕事としています。
経費の管理や清算、伝票の作成、請求書の発行、銀行への振込み手続き等々…。
いかにも計算が得意でないと務まらないような仕事ですが、暗算をするわけではありません。
むしろ、パソコンスキルの方が重要になる仕事です。
未経験者でも募集をしていますが、エクセルを使えた方が有利になります。

適正に合った所を

このように、事務職にはいくつもの種類があります。
もちろん、適正に合った所で働くことに越したことはありません。
ただ、自分ではどこが良いのかわからないという人もいるでしょう。

そういう人は事務転職の体験談をチェックしたり、転職エージェントに相談をするなど、外部からのアドバイスを聞くことも1つの方法です。